読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多言語化はどこまで必要?

スタッフの堀内です。 海外へ旅行する際に一番問題になるのが、やはり言葉の問題。コトバが違うために、コミュニケ―ションがうまく取れずに苦労することが、圧倒的に大きな問題となっているのは言うまでもありません。多言語マップをはじめとする、多言語POP…

アピールポイントは「東京から日帰りできる」

ニュース更新担当清水です。 神奈川県が観光サイト『Tokyo Day Trip」を開設しました。「Tokyo Day Trip - Kanagawa Travel Info」 なんと!神奈川県の観光情報サイトなのに堂々と「Tokyo」の文字が!トップページには「東京都のすぐ下に神奈川県ってのがあ…

動画検索でトップを狙う

スタッフの中原です。 今年開催された東京マラソンにボランティアとして参加しました。その際、自撮り棒で実況撮影をしている、ルーマニアからのランナーRaduさんに遭遇しました。「Discover the World through its Marathons」「Tokyo」と検索すると、彼が…

スポーツツーリズムで呼びこめ!

村山の秘書の森田です。愚弟が出場した「第55回 愛媛マラソン」の沿道応援に行ってきました。今回のお目当ては愚弟、ではなく、招待選手である最強の市民ランナー・川内優輝選手。期待に違わず白バイと第一中継車に先導されトップでやってきた川内選手の雄姿…

お土産は広告塔

スタッフの谷口です。 インバウンドの消費傾向はすっかり「モノからコトへ」と言われていますが、さて、「モノ」はどうなっていくのでしょうか? 「モノ」消費とは、いわゆる「お土産」として物品を購入することだと思いますが、まず、日本人のお土産の買い…

ご近所のインバウンド

スタッフの刈部です。 ちょうど1年前の早春に、私の住まいにほど近いお寺のことを取り上げました。東京の世田谷区にある豪徳寺というお寺で、境内の「招き猫」の写真がインスタグラムで評判となり、外国人観光客の姿をよく見かけるようになったという話をし…

「きれいな空気」も観光資源

スタッフの阿部です。 「肺の洗浄」単語だけ見るとぎょっとしますが、中国の大気汚染の深刻化は、旅行商品名にも影響を与えているようです。 日本の田舎で肺を洗おう、といったツアー文句なんかも出るほどです。確かに日本は、ほとんどの地域でそれなりに空…

美術館をさらに魅力的なコンテンツへ

スタッフの谷口です。 昨年を振り返ると、上野の国立西洋美術館が世界遺産認定されたという嬉しいニュースがありました。そもそも美術館はツーリストにとって魅力的なコンテンツなので世界遺産になったことで、さらに注目度が上がるのではないかと思っていま…

ここにも外国人観光客が!

スタッフの堀内です。 突然ですが、皆さんはご飯食べに行くお店、どのように探して、どのように決めますか?私の場合は、もっぱら食べログにお世話になっています。口コミの評価は非常に信頼性が高いと感じています!食べログで3.5以上の評価を得ているお店…

手近なおせっかいがビジネスのヒントに?!

スタッフの堀内です。先日、困っている訪日外国人の手助けをするボランティア団体、おせっかいジャパンを紹介しましたが、その後一人で出来るおせっかいを実践してきました! 先日、職場近くで道に迷っている男女2人組を見かけました。大きなスーツケースを…