映画「ロスト・イン・トランスレーション」でインバウンド目線を養う

こんにちは。求人担当の阿部です。

私は毎月約15本くらい映画を見ます。

最近日本を舞台にした作品を選ぶようにしています。

先日は新宿のパークハイアット東京を有名にした

映画「ロスト・イン・トランスレーション」を

久しぶりに見直しました。

東京の各観光地の描かれ方に感心しただけでなく、

お店で英語が全く通じないシーンなど

実際に外国人観光客が遭遇しそうな境遇も

多々描かれていました。

こういう映画などでインバウンドの

目線を養うのもいいですよね。

作品としてもオススメです〜