ミャンマーの若者が好きなご飯は?

村山の秘書の森田です。
 
船舶管理会社の方に伺ったお話をご紹介します。
新造船の処女航海前パーティでのこと。
船長や機関士など士官は韓国人、
その他は約20名の若いミャンマー人船員が
乗船するということで、若い船員メインで考えて、
ご飯物はピラフ・寿司・おにぎりを並べたところ、
ピラフは手つかずのままで、寿司とおにぎりが
「完売」になったそうです。

「外国人+若者=油もの好き」

は勝手な思い込みだった、と企画担当者の弁。
手でつまんでスナック感覚で食べられるし、
とてもおいしい、という感想を残して、
出航していったそうです。