病院の国際化

インバウンドニュース担当の清水です。
最近ちょくちょく病院を訪れているのですが、
その病院は、外国人患者受入れに関する認証制度
「JMIP」の認証を取得しています。
フロア案内は、英語・中国語・フランス語・ロシア語
でされており「国際医療支援室」なるものの設置
されています。

時々、外国人の患者さんを見かけますが、
なんと、外国語の出来るスタッフが1対1で
つきっきりで対応しています!
治療中でも、通訳が必要な時には、医師がすぐに
通訳さんを呼び出してくれます。

このような病院はまだ多くないと思いますが、
どんどん増えて行って欲しいです。