韓国人と一緒に寿司を食べる

村山の秘書の森田です。
韓国人の知人と日本の友人と、
総勢10数人で食事をしました。
何度か訪れている寿司屋の大将は
心得たもので、お醤油とは別の小皿にワサビを
大盛りにして、テーブルに置いてくれます。

韓国の知人のうち数人が、慣れた手つきで握りずし
(サビ抜きではなく、通常のワサビ入りの寿司です)
の上にさらにワサビを載せて、食べ始めました。

毎度のことながら、私は見ているだけで
鼻の奥が痛くなってしまいます。
ともあれ、外国人が日本の食べ物を
「美味しい」と喜んで食べてくれるのを
見ていると、幸せな気持ちになります。