「おおたオープンファクトリー」に行きます!

スタッフの和佐です、ごきげんよう。

みなさん、オープンハウスをご存知でしょうか。
確かにそういう名前の企業もありますが…
広く「建物公開」のことを言い、
関係者や住人以外に、建物を開放する取組です。

海外、特にヨーロッパでは、
かなり大規模になってきていて、
毎秋開催のOpen House London は、
観光客にも人気のイベントです。
日本でも、ここ数年、様々な地域でオープンハウスの
イベントが開かれるようになりました。

工場版のオープンファクトリーは、墨田区の「すみファ」や
新潟の「燕三条 工場の祭典」なども有名です。

そのオープンファクトリーのひとつ、
おおたオープンファクトリーが、
明日、29日(土曜日)に開催されます!
http://www.o-2.jp/oof/event.html

太田区の町工場の公開イベントで、工場の見学をはじめ、
太田のものづくりを知ることができます。

私が昨年度まで在籍していた首都大学東京の大学院生も、
このプロジェクトに関わっていますが、
これまでの4-5年で、地域に変化が起きてきています。

-新しい地域住民にとっては、騒音などネガティブな
イメージしかなかった工場が、オープンファクトリーを
通じて理解され、職人が操業しやすい関係、環境になった!

-地域の子供や学校の先生が、地域の産業を理解し、
興味を持ち、誇れるようになった!
(子供達がものづくりを体験できるイベントも
定期的に開催されています)

-初めは、オープンファクトリーに
全く乗り気でなかった工場や職人さんが、
効果を感じ、積極的に参加するようになった!

横の繋がりも広がり、回を追うごとに参加工場が増加。
地域の宝を中心に輪が広がっていく様子が、
いい効果を生んでいます。

地域に再び認められた太田の工場、
次はインバウンドも狙ってほしい!と勝手に思っています。

明日は、今年のおおたオープンファクトリーを
楽しんで来ようと思います。

みなさん、良い週末をお過ごしください。