読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「おおたオープンファクトリー」体験レポート

<スタッフ日記>
スタッフの和佐です、ごきげんよう。

先週末は、こちらでもご紹介した
おおたオープンファクトリーに行ってきました!

このイベント、お天気に恵まれない傾向があって、
昨年は、台風が来て延期したら、大雪にみまわれました…

今年も、天気予報より早い時間に、予報以上の雨が降って、
あまり多くは回れませんでした。

さて、当日見学させていただいた、
学校の教室の半分ほどの広さの、職人さんお一人で
運営されている工場では、ロボットの部品となる
金属を加工していました。

見せていただいたのは、自動車塗装に使う
産業用ロボットの噴射アームを角度調節するのに
使う部品でした。

自動車の生産工程のひとつをとっても、
非常に多くの職人さんの技の結晶なんだなーと実感しました。

他には、食品サンプル作りも見学させていただきました。

食品サンプルは、どれくらいの歴史があると思いますか。
また、原料は何かご存じですか。

日本では、今のような樹脂が様々開発される前から、
ロウを使って食品サンプルを作るようになり、
約60年の歴史があるそうです!

熱して溶かしたロウを30度ほどの水につけて成形します。
みるみるうちに、美味しそうなサツマイモ、 レタス、
海老フライが出来上がり、本当に面白かったです。

外国人にも人気の食品サンプル。

お土産に子どもがいただいたサンプルのお惣菜パックには、
「食べられません」と多言語で書いた注意書きが入っていました。

今度、機会があれば合羽橋に行ってみたいと思っています。

みなさん、良い週末をお過ごしください。