読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

松山大耕師のTED×KYOTO

キャリア担当の宮澤です。

先日友人からシェアしてもらい、
感銘を受けた一つのスピーチをご紹介します。
京都の禅寺、妙心寺退蔵院の副住職、松山大耕さんのTED×
KYOTOです。
ご覧になった方も多くいらっしゃるかと思いますが、
まだの方は是非ご覧ください。
http://logmi.jp/34073

これまで海外の方々との交流の中で、
私自身が感じてきた日本の宗教観に対するモヤモヤを、
スーッと晴らしてくれるお話でした。

「一貫性がない」
という言葉で語られるだけだった私たちの宗教に対する感性ですが
「寛容」という言葉で言い換えられたとき、腑に落ちると同時に、
八百万の神々の時代から伝わる精神論として、
これも一貫した文化なのだなと感じました。

世界の平和の一助に、
この寛容の文化を発信していくことの重要性を
改めて考えさせられる週末でした。

一方で、
日本は島国ならではの排他的な側面を指摘されることが多く、
私たち自身も、インバウンドに取り組む前に、
日本人同士でも海外の方に対しても
心の垣根を取り払うことがまだまだ必要だと感じます。

松山さんは政府観光庁の「Visit japan 大使」、京都市の「京都おもてなし大使」にも
任命されているとのことです。
京都から、日本から、
平和の文化がもっともっと世界に広がりますように。