「ハラル対応」先進店は学食!

みなさま、ごきげんよう!
スタッフの和佐です。

先週は、恩師の最終講義があり、久しぶりに
大学院に行きました。

最終講義の後に学内のフレンチレストランで
立食パーティーがあったのですが、
先生方が、
「今日は、久しぶりにハラルじゃないね~」
と話していました。

所属していたツーリズムのコースは、
マレーシアの大学との交流があるのですが、
最近のいくつかのパーティーは、
マレーシアからの学生の歓迎会や
マレーシア研修プログラムの報告会で
ムスリムの参加者が多かったため、
学内の生協食堂にてアルコールなしのハラルパーティーを開催した
とのことでした。

実は、大学の生協食堂でのハラル提供は、
特別なことでもなく、東大や電通大など
多くの大学で日常的にハラル提供をしています。

先週のメルマガで紹介されていたハラルのカラオケ店(
http://goo.gl/dzJDOo)も
ムスリムの留学生は喜んで利用しています。

もうすぐ到来する桜の季節。
友人のムスリム学生によると
お花見でお酒をたくさん飲む光景を嫌う
ムスリムの方もいますが、
日本の慣習と理解してくれる方も多いようです。

ハラルをはじめとした多様な信条、価値観が
認められ、それぞれが選択できる社会は
より多くの人にとって、心地よい場所になると思います。

日本が、より魅力的なデスティネーションとなるためにも、

様性を認めた柔軟さが増すと良いなと感じました。