読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

翻訳こんにゃくも登場?

スタッフの谷口です。

花粉症の季節ですね。マスクが手放せません!
つらいです・・・。

さて、最近、
インバウンドに関する様々なツールが開発されていますが
「コミュニケーション」のためのものがとても多いですね。
ドラえもんで「翻訳こんにゃく」という道具がありましたが、
まさに今、外国人対応のための「翻訳こんにゃく」が
出来上がりつつある世の中になってきたのですね。

せっかく来てくれた方々にもっと正確に、
的確にちゃんと伝えたいという
日本人のまじめで優しい、
おもてなしの心の表れなんだと思います

それを使う私たちが、
主体性を持ってコミュニケーションをしようという「気持ち」が
最後は一番の伝わる力になるのだろうと思います。
道具を使っても、
心の通ったコミュニケーションを大切にしていきたいですね。