「自撮り棒ブーム」の現場

ニュース配信担当の清水です。
昨日、鎌倉の小町通りを歩いたところ、自撮り棒を使っている人
がちらほらと目につきました。
鎌倉は、江ノ電の鎌倉高校前の踏切が「スラムダンクの踏切」
として、台湾の観光客からの人気を集めています。
晴れた日にここを通ると、たくさんの人が自撮り棒で
撮影をしていて、私が初めて「生自撮り棒」
を見たのはここでした。
街中ではまだあまり見た事がなかったのですが、昨日は
かなりの自撮り棒率でした。
使っているのはアジア人ばかりだったので、日本人なのか
外国人観光客なのかははっきりしませんでしたが、
こうしてSNSで発信されていくのですね。

最近、台湾鉄道では「自撮り棒のホームでの使用は電気を流す
架空電車線(架線)に触れるなどして感電の恐れがある」として
注意を呼びかけているそうです。
安全には十分注意しつつ、
たくさん発信してもらいたいと思います!