東京都観光ボランティアのユニフォームデザインに一言!

スタッフの阿部です。
先週、東京都観光ボランティアのユニフォームデザインが、
発表されましたが、皆さんがご覧になりましたでしょうか?
http://www.fashionsnap.com/news/2015-05-29/tamaki-fujie-tokyo/

これはオリンピック時に、外国語で観光案内を行う
ボランティアの方が着用するものです。

インバウンド業界は、この東京オリンピックが
決まったことにより、国内の動きが大変活発化し、
切り離せない要素となっているため、
関連のニュースは気になるところ。

個人的には、オリンピックは、競技や施設設備の整備だけでなく、
開会式、閉会式でのパフォーマンスや、そこで使われる
メインデザインなど公式で使われるものセンスにも
大きな注目が集まると思っています。
(ロンドン五輪の閉会式は素晴らしかったです)

その中で、今回発表されたこのデザインは、
日本を代表するものとしていいのだろうか、
とかなり疑問を持ちました。
そして、もしガイドになった場合、
私たちはこれを快く着たいでしょうか。

日本には世界で活躍する素晴らしいデザイナー、
クリエイターがたくさんいます。
今回このデザインを作られた「タマキ フジエ」さんも
コレクションを見ると素晴らしいものばかりです。
主催側からの要望も強かったのとかと思いますが、
タマキさん本来のデザインとはかけ離れていると感じます。

オリンピックは世界に「日本」をアピールできる場でもあります。
どうせなら、「かっこいい」ものを日本代表として出してほしい、
とこのニュースを見て切に願いました。