国ごとのメディア活用の特性は?

スタッフの阿部です。

みなさんは普段どんなSNSを普段の生活で見ていますか?
facebook、Twitter、Instagramなど、
日々、様々なメディアで情報収集をすることができますが、
国によってその特性は異なります。

日本では、コミュニケーションの手段としてLINEが
主流ですが、中国だと圧倒的にwechat。
facebookの影響力が疑問したされていますが、
台湾やタイなどはまだまだ強力なメディアです。

こういった国ごとに、
人々がどういったメディアを普段の生活で活用し、
何が影響力を持っているのか、といった特性を知ることで、
狙ったターゲット国へのプロモーション施策も変わってきます。
国によっては、雑誌をあまり読む習慣がなかったり、
広告に対して非常に懐疑的だったり、
日本に比べて圧倒的に口コミの影響力が強かったり。
(上記はほぼ中国です)

特性を知ることで、宣伝の手法も単純に
どこか有力なメディアに、広告を出稿すればいい、
というような施策ではなくなってきます。

今、インバウンドに注力している企業さんが
現地側でのプロモーションを強化するお話をよく聞きます。
インバウンドのプロモーションと言っても、
対象国それぞれに手法は違い、個々の状況は
日々ものすごいスピードで変化しているのが現状です。
日本側のメディアトレンドも追いかけられていないので、
ため息が出ますが、(755って一体なんでしょうか)
日々各国の動向を勉強していかねばと思う下半期、
最初の金曜日です。