読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

炊飯器を買いに

スタッフの谷口です。

中国人が街中で炊飯器を買い求めるのを
何度も眺めてきましたが、先日、我が家の炊飯器の
お釜がそろそろもうダメかなという状態になり、
久しぶりに私も炊飯器を買い求めることになりました。

まずは特に考えもせず、近所の家電量販店に行ったのですが、
その種類の多さにびっくりしました。
いつの間に炊飯器業界(?)はこんな戦場に
なっていたのでしょうか?

前の炊飯器はメジャーなZ社。
あとT社の2択かなと思っていたのですが、
他の家電メーカーもなかなか捨てがたい価格帯と
性能なのです。
店員さんから必要な情報をすべて聞き出し、
すべてのパンフレットをもらい、
某比較サイトで検証しようと帰宅。

検証の結果、結局はZ社の、
ごはんのあまみ成分が45%アップする「うまみプラス」
プラチナコートの「極め羽釜」(昔ながらのかまどで炊く製法)
の炊飯器を買いました。
なんだかすごい性能ですよね(笑)。
でも、本当にごはんが甘くなりました!

今まで「爆買い」の象徴としてしか見ていなかった炊飯器ですが、
日本人にとって主食の「ごはん」を作る炊飯器は
もっと日本人にも注目されるべき家電では、
と感じた私の「ちょい買い」でした。