訪日外国人にも人気の工場見学

スタッフの岡田です。

梅雨明けとともに子供たちは夏休みに突入、
つきものなのが宿題です。
我が家では、自由課題のヘルプに、
工場見学を大いに活用しました。

しょうゆ工場、和紙工場、消しゴム工場、
やきものが有名な地では陶芸体験など。

工場見学も様々に進化し、訪日外国人にも
人気のスポットとなっています。
「白い恋人」で有名な札幌の石屋製菓では
見学しながら「白い恋人」作り体験、
岐阜の郡上八幡では、食品サンプル工場でロウ製の
天ぷらやレタス製作など。
世界にたったひとつの間違いなく
「Made in Japan」「Made in 郡上」のお土産に
なるのも魅力です。

最近、注目しているのは、三条市。
地域の伝統的ものづくりが連綿と受け継がれる一方で、
これ工場?とまるで、美術館、ギャラリーかと
思うような洗練された黒い建物。
ネールニッパーで有名なSUWADAで働く方々は
まさに芸術家、「SUWADA」と名前入りのTシャツに
身を包み、ガラス張りの工場内の工具も機械も
魅せることを意識したおしゃれさ。
出来上がり製品を販売するショップのディスプレイも
まさにセレクトショップ。
家で時々登場する爪切りが、SUWADAでは
「ネールニッパー」として、堂々と主役です。

ドアノブが箸でできたユニークな入口の建物は「丸直」。
古くから木工も栄える三条市では、日本人に身近な
食事道具の箸が????食事タイムを彩る一品に。
黒檀や紫檀などの高級木材を削り出した極上の逸品を
求めて、国内のみならずクリスチャン・ディオールなど
世界の一流ブランドからも注文が寄せられるほど
世界からも注目です。

三条市には、訪日外国人が工場を目指してくる地域にも
なりつつあり、年に1回開催される「工場の祭典」中は、
国内外からの来訪者で賑わいます。
地域の伝統的なものづくりの現場、
優れたモノが国内外の交流を促し、輸出も促進。
作る人々や地域そのものの知名度もアップ、ひいては、
そこに暮らす人々の誇りとなり心を豊かにするのでしょう。
満面の笑みでこだわりのモノづくりについて説明する
工場の方々の温かいおもてなしが、さらに地域のファンを
増やしていくことは間違いありません。

SUWADA 
http://www.suwada.co.jp/
丸直    http://www.marunao.com/
工場の祭典 http://www.kenoh.com/2014/10/03_kouba.html