読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中国で注目を集めるアプリ

スタッフの趙です。

日本では夏本番です。
しかし、中国はもっと熱いです!!
私が先週中国から帰ってきて、半年ぶりの帰省旅行ですが、
“あぁ、また何か変わったかな”との印象でした。
今日は、私が感じたその変化に影響を受けている
一つのアプリを紹介します。

その名前は滴滴打車(Didi Dache)です。
例えばA さんがある百貨店へ行くと決まり、
事前ダウンロードした滴滴打車アプリまたはWechatを通じて

自分の位置と目的地を入力すれば、情報がすぐ近くの運転手
(滴滴打車システムをダウンロードする必要があります)に
伝えられ、空きがある運転手さんからすぐに直接連絡が来ます。
降りる時も、現金じゃなく携帯決済(Wechat Paymentなど)
もできます。

今、中国国内で伝統的なタクシーの代わりに、
外出時の第一選択肢となるアプリであり、
中国メデイアの注目も集めています。

そのメリットを挙げると、

1,伝統なタクシーより安い
2,効率が高い

ユーザーにとっては、いつでもどこでも呼べますし、
待つ時間が短縮できます。
運転手さんにとっては、空き時間が短縮できます。

3,携帯決済:偽人民元のやり取りが防げます

など、と考えられます。

経済変化が激しい中国では、中国人消費者のニーズも
日々変わっています。
そこから生まれた新しいビジネスも日々増えてきたと
実感した一方で、訪日中国人向けのインバウンド対策を
打つ際に、常に彼達の消費行動と消費習慣の把握が
極めて重要だと思いました。