読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

優勝インタビューにもお国柄

村山の秘書の森田です。
先日、富士スピードウェイで行われたSuper GT第4戦は、
とても見ごたえあるレースでした。
優勝は近藤真彦(歌手の“マッチ”です)監督率いる
「KONDO RACING」日産GTR、ドライバーは
期待の若手、佐々木大樹選手と
ミハエル・クルム選手(プロテニスプレイヤー・
クルム伊達公子さんの夫君)のペア。
優勝インタビューでいつも感じるのですが、
日本人選手は「皆さんのお蔭」を最大限アピールするのが
お約束ですが、外国人選手はその辺のコメントが
薄味です。こういうところにお国柄が出るのかな、
と思いながら、時々もらい泣きしています。