「人を集める人」の影響力

スタッフの阿部です。


少し前の話になりますが、学生時代にお世話になった
アルバイト先の方が亡くなり、お別れ会を開催しました。
生涯バーテンダーとして過ごし、本当に人に慕われる人だったので
急な告知にも関わらず多くの飲食関係者が集まる会でした。

私がお世話になっていたのは、
東京都庁の展望にお店を構える、老舗のイタリアン。
(今は残念ながらテナントが変わってしまいました)

当時の仲間や社員さんは、独立して店を持ったり、
お店を変えたりとさまざまでしたが、
自然と外国人客受入の話が持ち上がっていました。
昔から知っているメンバーが、
マネージャー、オーナーとなり、このインバウンド商機を
どうしたものかと悩んでいる。
私としては絶好のヒアリング機会だったので即座に反応。
仕事関係でのお付き合いでは聞けないような、
かなり突っ込んだ本音を聞くことができました。

※そこで一番悩んでいたのは、現場スタッフの
モチベーションの問題だったのが印象的でした。

亡くなった方には、一緒に働いていた当時も、
人の縁をいただいていましたが、今回の会で
疎遠になっていた当時の仲間を、また引き合わせてくれ、
なんだか見守ってくれているようだなと思いました。
「人を集める人」というのは、いなくなっても
影響力を持っているものですね。