読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ちょっと隣の国まで気軽に旅行」するスタイルを共有

こんにちは。
スタッフの刈部です。


前回に引き続き韓国の話ですが、今回は東京での体験です。
先週末、原宿のアップルストアで行なわれた韓国のバンド、
ヒョゴの
インストアライブを見に行ってきました。
いま韓国の若い人の間で人気急上昇の彼ら、ソウルでは
ライブのチケットがなかなか手に入らないそうなのですが、
東京の小さなライブハウスでのチケットも速攻売り切れで、
アップルストアも満員御礼の盛況ぶりでした。

日本のSANABAGUNというバンドが30分ほど演奏したのち

ヒョゴが登場すると、フロアからは黄色い声が。
いえ、決してアイドルグループじゃないんですけれどね。
韓国人の女の子たちは、ヴォーカルのオヒョク
(彼の名前を逆さまにしてヒョゴというバンド名になりました)
に、
「パンモゴッソ?」と声をかけていました。
直訳すると、「ご飯食べた?」ですが、実はこれが
韓国の友達同士の挨拶の言葉なんですよね。
「やあ」みたいな。

アップルストアでは韓国語を話せるスタッフを通訳に
用意していましたが、その人が確認したところ数十人は
韓国から来ていたようですよ。?
それで思いつくのが、最近の韓国人旅行客の傾向ですね。
大半の人が4日以上滞在する中国、香港、
台湾からの観光客と比べると、
韓国人は3日以内の滞在も4割弱とかなりの数です。
しかもリピート率が高く、20代が一番多い。

つまり、このライブに来ている人たちも一つの典型
というわけですね。
週末を利用して、ちょっと隣の国までという
気軽に旅している姿が思い浮かびます。

さすが、2時間のフライトで行ける外国、
旅のスタイルという点では、これまで日本人がやってきたのと
同じだなあと思った次第でした。