読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自然体で外国人観光客を受け入れているタイ

WEBディレクター・デザイナーの鈴木です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

海外就職仲間との忘年会出席のため、昨年12月半ばに、
タイのバンコクに1週間ほど滞在しました。
バンコクは2回目ということもあり、今回は友人宅に居候をしながら、
中心地に近いながらもローカル色もあるOn Nut駅周辺で過ごしました。

■ バンコクのコワーキングスペース
到着して友人と会う夜までに時間が空くことが分かっていたので、
事前にバンコクにあるコワーキングスペースやノマドカフェを
探しておきました。どこもお洒落ですね。実際に訪れたのはこちら。

HUBBA Co-working
http://hubbathailand.com/

1日利用で260バーツ(約900円)。電源とWifiを確保、
皆さんもくもくとPCに向かていました^^
ドリンクはゲストハウスにあるようなフリードリンク。
現地に住んでいるのか、私のように一時利用なのか、
国際色豊かな利用者が印象的でした。

■ 主にOn Nut駅周辺でローカルを堪能
On Nut駅は、BTS(高架鉄道)でSiamから9駅(約16分)
42バーツ(約140円)。コンドミニアムも多いそうで、
大規模スーパーもあり大変生活に便利だと思います。
ホテルやゲストハウスもあり、街を歩いていると旅行者と思われる
欧米人もぽつぽつ見受けられました。

3年ぶりのバンコクは、中心部以外は開発が進んでいるとはいえ
街の雰囲気はそのままに、英語も通じにくく^^;、
屋台や露店文化もそのまま。自然体で外国人観光客を受け入れている、
そんな印象を受けました。

参考にしたサイト:
【随時更新中】バンコクのコワーキングスペースまとめ
http://bkklife.info/business/coworking-space-in-bangkok/

<随時追加>バンコクにあるノマドに最適な電源Wifiカフェのまとめ
http://matome.naver.jp/odai/2141881533817165001

タイ国政府観光庁WEBサイト
http://www.thailandtravel.or.jp/