読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有名選手を呼ぶことで、観光客も呼べる

スタッフの阿部です。
皆さんはサッカーのJリーグに
東南アジアの有力選手の移籍が
話題になっていたことのをご存じでしょうか。

一昨年コンサドーレ札幌が期限付きで、
ベトナムの英雄で「ベトナムのメッシ」と
言われているレ・コン・ビン選手を獲得しました。
残念ならが4カ月で退団してしまい、
現在は現在は別のチームに移籍してしまいましたが、
彼のもたらした効果はサッカー業界では大きく注目が集まりまし
た。

まず、放映権について。
サッカーの各リーグは試合の放映権販売が
一つのビジネスとなっています。
東南アジアでもサッカーは人気ですが、
彼らは欧州のプレミアリーグの試合を購入して国内で視聴。
ゆえに欧州リーグ(特にイギリス)は、
チームの経済状況も良いのです。
この放映権ビジネスを日本に還元させたい、
という狙いがあります。

また、その選手の移籍によって、各国の地方プロモーションにも
つながります。
一昔前に中田英寿がペルージャやパルマに
在籍していたころ、ヒデを見に日本人がイタリアへ行ったように、
札幌では試合を見にベトナム人観光客が増えたとのこと。
その国の言わば、有名選手を呼ぶことで、
観光客も呼べる、という考え方になるほど、と感心しました。

そういえば、私もスペインに旅行に行った理由は
中村俊輔選手が一瞬エスパニュオールに移籍したので、
その試合を見に行く目的で行きました。

この動きはインバウンドにも良い影響がありそうなので、
今後も注目したいところ。
今年のJ1開幕は2月27日です!