年齢や国籍、性別についての考察 ~NYC旅行記②

<スタッフ日記>

WEBディレクター・デザイナーの鈴木です。

今回も、2016年2月末~3月上旬にかけてニューヨーク滞在中に書き留めたもの
をご紹介させていただきます。

ニューヨークで、現地在住者向けに開かれているデッサン会に参加してきまし
た。まず、参加者の年齢層の幅広さに驚きました。お年を召した方は参加費が
半額ということもありますが、海外は日本に比べ絵画を飾る習慣もあり、
趣味としてデッサンや絵を楽しむ方が多いのも頷けます。

すごくかわいい絵を描いている女性が、私に「I like your drawing!」と声を
かけてくれました。嬉しかったですね。私も気持ちが大きくなっていたのか、
すごく素敵な絵を描く人には「Nice!」と声をかけたり会話をしました。

個人的に、年を重ねるにつれ、性別や年齢にとらわれずその人の魅力で惹きつけ
あうものだなぁと考えるようになっていた矢先。昔から人種のるつぼと言われる
ニューヨークで、年齢も性別も国籍も関係無いノーボーダーな部分を感じ、大変
心地よかったです。

初対面の方に「おいくつですか?」と尋ねるのが失礼にあたるように、「なに
人(じん)ですか?」というのももちろん失礼。性別も。日本では周りが日本人
だらけですから、(見た目が)外国の方につい質問してしまいますよね。

日本でも近年LGBTという言葉の理解が進んできています。しかし、つまり未だ
LGBTというカテゴライズが必要な日本です。しかし少しづつ、そんなことは
関係無く垣根もない社会になってゆくものと思います。

 

f:id:keisukemurayama:20160421154439j:plain

関連リンク:
2016年4月26日(火) 開催
第45回やまとごころ勉強会
「LGBTフレンドリーでインバウンドマーケットをより活性化!~多様性を
認め合い、共に成長する~」
http://www.yamatogokoro-ac.jp/program/20160426/

ニューヨークに来るならこのWEBマガジンがおススメ!
NYPG: ニューヨーク(New York)観光・生活情報(日本語)
https://ny-pg.com/