読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

街歩きをしながら日本を体験する

スタッフの谷口です。

少し前の話になりますが、銀座に行った時に、
銀座三越周辺を歩いてみましたが
どこもかしこも外国人だらけでした。
文房具のitoyaでは和風のポストカードを眺める
若い外国人の女性がたくさん。
三越の目の前の銀座木村家総本店では、
中国語を話せる店員さんがいたり
多言語のパンフレットがあったりと、
インバウンド対応をされていました。

とてもきれいにいちご大福の陳列をしていた
「あけぼの銀座本店」では
その美しい光景に「Wao!」と外国人グループが興味津々。
スペイン語圏の方々だったので、話しかけて
いちご大福の説明をしてみると、
「初めて聞いた!食べたい!」ということになり、
なぜか私も一緒に買ってみることに(笑)。
とにかくいちごがとても美味しかったらしく、
感動していました。
彼らにとってちょっとした思い出のひとつには
なったかなと嬉しくなりました。

銀座の「爆買い」のイメージは大きく切り取られた一面であり、
街歩きをしながら日本が誇る老舗や和のものを
楽しんでいる外国人も
とても多いのだと実感した1日でした。