読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

苦手にチャレンジ

こんにちは。スタッフの永山です。

世界的に日本食がブームになっている昨今、”SUSHI”や”RAHMEN”は
もはや海外に行っても当たり前に通用する言葉になりました。

そんな中、逆に外国人が苦手な日本の食べ物がどんなものかの気になり、
日本に来ている外国人の友人に尋ねてみました。
すると、多かったのが”納豆”や”塩辛”など、
独特の食感や風味を持つ食べ物が苦手だという意見でした。

いわゆる”ねばねば”という食感や、”生の魚介の強い風味”というのは、
日本食以外にはあまりないものなんだそう。
(確かに、そうかもしれないですね。)

しかし、ユニークだったのは、彼らの多くが
「最初に納豆を食べたときは不思議な感じがしたけど、日本人が美味しそうに
食べるのを見て何度かチャレンジしたら、今は大好物になった!」
「納豆が苦手なんだけど、日本人がとても美味しそうに食べるから、いつか自分
も日本人のように美味しいと思ってそれを食べられるようになりたい!」
「以前、小さいイカ(恐らくホタルイカ)を食べて苦手だと思ったけど、
今度また食べてみたい」
というチャレンジ精神に溢れる意見を語ってくれたことでした。

“現地の人が美味しそう食べている姿”って、
苦手な異文化を克服するための架け橋になるかもしれないですね。